- 前のページに 戻る -


〜FWA 体験レポート〜

☆ F W A について ☆
FWAモニターに参加するにあたり私なりにFWAについて調べてみました。

---------------------------------------------------------------------------

FWA 【固定無線アクセス】

読み方 : エフダブリュエー
フルスペル : Fixed Wireless Access

 無線による加入者系データ通信サービスの方式の一つ。同じ方式を指して「WLL(Wireless Local Loop)」と呼ぶこともあるが、無線通信に関する国際的な標準化団体のITU-Rが、1999年にFWAと呼称することを勧告したため、今後はFWAに用語が統一されていくものと思われる。加入者と通信事業者間の回線に無線回線を使用するため、ケーブル敷設にかかるコストを削減することができる。また、市内通信網を事実上独占しているNTTの回線を利用しなくても通信サービスを提供することができる周波数は22GHz、26GHz、38GHzの3つの周波数帯を使用する。FWAでは、指向性の電波で基地局とユーザを1対1に結んで通信を行う高速で高価なP-P(Point to Point)方式と、1つの基地局と複数のユーザが同時に通信を行う低速で安価なP-MP(Point to Multiple Point)方式がある。前者は伝送距離が最大約4kmで最大速度約156Mbps、後者では半径約1km以内の複数のユーザで10Mbps程度の回線を共有して通信が行うことができる。いずれの方式でも現行の有線によるデータ通信サービスの数分の一から数十分の一の低価格を実現できると言われている。FWAによる商用サービスは、KDDウィンスターや日本テレコムなどによって1999年から企業の拠点間通信サービスが提供されている。インターネット接続サービスは1999年10月から日本テレコムが「ODNエアリンク」の名称で試験サービスを開始しており、2000年7月にはソニーが「bit-drive」の名称で本サービスの提供を開始する。

 情報・通信辞典から "http://e-words.jp/w/FWA.html       
  
---------------------------------------------------------------------------       
  
 思いっきり要約すると、NTT電話回線の代わりに無線でインターネット通信が出来るということです。
 ナゼ、今回の滝川市近郊で実証実験を行うかというと、5GHz帯という周波数帯は今回初めて使用されるための調査を含むようです。(気象レーダーに使用されているそうです。)
 更に、参加企業により通信方法が違いますので技比べ?の面もありそうです。       

参加企業は
松下通信工業(株)、日本電気(株)、モトローラ(株)、(株)日立国際電気の4社で


 ・ 松下通信工業(株)、日本電気(株)
伝送速度 56Mbps(ベストエフォート型)5GHz帯

 ・ モトローラ(株)
伝送速度 10Mbps (一定型)5GHz帯

 ・ (株)日立国際電気
伝送速度 25Mbps (一定型)25GHz帯

 詳しくはhttp://www.hokkaido-bt.go.jp/C/C14/c141008.htmからpdfファイルを開いてください。

 いきなりの結論は、5GHz帯のFWAがどんなものか全国に先駆けて滝川市で実験されるという事です。
 具合が良ければ各社、各自治体が採用して行くものと思いますし、地方ではキャリア企業(NTT他)のインフラ整備を待つことなく,低コストで通信状態が大幅に改善されます。
 北海道では特にひどい、デジタルデバイド(情報格差)改善。情報の”陸の孤島”が大幅に削減できます。       

 最低1Mbps程度(モバイルでも)の環境は欲しいものです。

(平成14年10月23日)

No.1

ページトップへ

☆ スピード測定サイトについて ☆  
     
                スピード測定サイトについての勝手な考察                      

----------------------------------------------------------------------
【ブロードバンドスピードテスト】
      
bbst http://www.bspeedtest.com/  

 一番利用するサイトで、極端な数値が出ないですが、2箇所のサーバ 「ホスト1: WebArena(NTTPC)」、「ホスト2: at-link(C&W IDC)」からのデータを取り良い方を推定最大スループットとしています。
 FLASH版になってからは安定していますが、2箇所ともパフォーマンスが低下しているときは悲惨な数値が出てきます。

 参考 : 運営会社のサイト、プロの製作サイトです。http://www.rebrain.co.jp/

---------------------------------------------------------------------------

サイト追加の前にサイトを調べているうち気がついたことがあります。

Speed Eye → → → → → → http://www.oak.dti.ne.jp/~flash/speedeye.html
Radish Netspeed Testing  → → http://www.studio-radish.com/tea/netspeed/index.html
Broad Land → → → → → → http://www.broadland.jp/

スペクトラム ← Broad Land のイメージ画像(サンプルです)

以上3箇所はダウンロードの時間軸の表示があります。当FWA回線はパケットの抜けがあります。フム、フムである。
試しに「Opera」のプログラムファイルをダウンロードしてみましたが3回トライして3回ともだめでした。
11.1MBのサイズでですが・・・・・・・
インストール済みですが1.5MbpsのADSLと自分のパソコンでは問題無しでした。つらいところです。

実際は一定間隔で抜けています(現実は接続にひどく手間取ります)

11月6日 FWAの説明会があり、実証実験ネットの先は1Mbps程度に抑えてあるとのことでした。
最近700Kbps程度数値しか出ないのでおかしいと思っていたところ変に納得してしまいました。
ブロードバンドの実証実験のはずだが・・・・・ 色々と調査して最中と好意的解釈しておきます。

よって、測定は一時中断します。(11/09)
---------------------------------------------------------------------------

fwa-ant_6

FWAユーザー側のアンテナ写真

(5GHz1波長は約6cm)高ゲインのホイップアンテナにディシュ代わりの ? 反射器が付いています。

テレビアンテナ用マストに取り付け、雪対策にビニール袋を被せています。
接続ケーブルは3D2Vとのことですが、ずいぶん高そうな良質なものです。
長さは7mでコネクターは取り付け済みです。



拙宅の汚いモルタル壁をトリミングして隠しました。(jpeg 56kB です)


(平成14年11月09日)

No.2

ページトップへ

☆ 動画実験 ☆
ストリーミングについて

----------------------------------------------------------------------

image001

 Webカメラで撮影した写真_1

 貸し出しノートパソコンとともにUSB接続タイプのWebカメラがありますが、ドライバ,ソフトなどはインストールされていてカメラ上部のSWを押すとソフトが立ち上がりディスプレイに画像が出てきます。

 説明書などを持ち帰っているため詳しい取り扱いがわからないが、とりあえず色々試してみました。
ご覧のように静止画はスンナリ行きましたが動画は色々問題がありました。問題の前に更に問題あり。

ファイルはどうするの?
ノートPCからWebサーバへいきなりアップロードは現状では不可能に近いので、原始的なフロッピーで自分のPCへ転送してからWebサーバへアップロードしまた。
動画は前者では無理なのでCDRWでということになりそうです。(LANカード買ってくるか、ケーブルつなぎ換えか ?)

 Liveカメラが受信できない。日立国際電気で稼動しているはずのFM-Gskyの画像が出ない。
 国際電気には30年以上前から強烈な思い入れがあるのだが、どうした。
455Kc(昔はHzではなくサイクルでした)のメカニカル・フィルターは高価だった。当時4950円、子供には手が出なかったが、性能は抜群だった。
やっと手に入れ、まだどこかにあるはずです。(思いっきり横道にそれてしまいましたが、サイトのタイトル的な話だと思います)

 手ごろなストリーミングサイトがありましたので試して見ました。(リアルプレーヤが必要です)
ACCAのストリミング体験というページです。 http://www.acca.ne.jp/streaming/index.html
500Kbps モード(実際は450Kbps)ではほとんどストリーミング不能で、静止画像となります。
回線は実力450Kbps以下ということか。因みに、56Kbpsモード(34Kbps)は再生可能でした。携帯電話並み(28.8Kbps)?
スピード測定サイトで測定すると500Kbps以上あるのですが、内容(転送品位)の問題でしょう。

ブロードバンドと言うのには・・・ ?(11/16)

(平成14年11月09日)

No.3

ページトップへ

☆ 機材の入れ替え ☆
    
             機材入れ替えの結果                            

---------------------------------------------------------------------------

fwa_ant_02

 私のところのFWA接続環境はNECが提供してくれていますが、最初から接続状態が不安定でイライラしていましたが12月24日機材を全部部交換してくれました。
 親機側のアンテナも交換したようで、前のループアンテナのようなのはやめたようです。        
       
まずアンテナは防水タイプで、野外用のテレビの受信ブースターのような形状で、受信機、送信機共にアンテナに内蔵されケーブルによるロスは無くなって理想的な方法ではと思いますし、雪にも強そうです。        
 素材は、アルミダイキャスト?ヒートシンクまでついていますがここではヒーターがいるかも?

 アンテナユニットからはインサーケーブルで電源アダプターに接続していますが、このインサーケーブルが太く、テレビ用の5C2Vとほぼ同じで20mもあります。
よく考えると、普通のインサーケーブルは屋内用で、屋外用を使う必要があることを忘れていました。
初めて野外用のインサーケーブルを見ました。

 調整は呆気ないくらい早く、アンテナの指向性がブロード化され、受信機の性能も改善されたようです。 fwa_ant_03        
さて、電源側ですが、写真のような形状です。
写真の方向にはインサーケーブルのコネクターが2個と電源表示のLEDが、反対側には電源ケーブルだけで電源スイッチはありません。電源は内蔵です。

 インサーネットコネクター2個は入出力同型ですごく不安ですが、製品化される時は改善されるでしょう。        
       
 BS,CSアンテナでは同軸ケーブル供給でDC12Vですが、インサーケーブル供給でDC43Vとなっています。

さて、結果は
安定度は・・・・・極めて良好です。
接続までの時間は早くなりました。(ネットワーク確認が早い)
速度(スループット)は変化が無いようで、これはNECの機材の問題ではないようです。
NEC方式はMax5.6Mbpsだそうだが、700Kbps前後です。(ストリーミング時 1Mbps以上の映像はきついです)

ストリーミング等のDL時、途中で切れて、そのまま復帰しないということは今のところ無くなりました。

まだ、一日ですので更に試して見たいと思います




(平成14年12月25日)

No.4

ページトップへ

☆ さて? ☆
実証実験の結果は?



 機材を引き上げて形だけのどうでも良いようなアンケートを集めて3ヶ月、結果はどうするおつもりなのか?
 
まあ、約3ヶ月間北海道の片田舎で実験したと言う実績のみがあれば良かったと言う事だとは最初からわかっていた筈なのですがいくらかはフィードバックがあっても良さそうな気がするのですが。ど素人、民間人には関係ないから知らせる必要がないのでしょうか?

各社、各規格で参加された比較などは公表は無理かとは思いますが、結果的に使い物になるのかならないのか、今後の法的な問題を含めて商品化はどのようなスケジュールかは公開しても良さそうな気がします。

参加した我々は実験用のモルモットでモルモットには実験結果は関係ないということでしょう。 
 

 空知地方のサイト情報を収集していますが今日現在(03/05/28)420サイト登録しましたが、常時接続の環境が有る市町村は行政、民間企業共に活発なサイト運営がされていますがサイトさえ無い町村もありますし、見るからに業者の言いなりに運営製作している市町村、企業、団体もあります。

他のページにも書きましたがデジタルデバイドが広がりつつあります。北海道は広すぎます、NTTのADSL,FTTHを口を開けて待っていても解決しそうにありません。NTTは民間企業ですのでコスト的に合わなければ回線は引いてくれません。

 
 素人目にはFWAは山などの地形的な問題以外は「極めて北海道向きなのでは」と思います。最後はIP電話との絡みでJAが通信業務に参入かも?



(平成15年05月28日)

No.5

ページトップへ